愛犬が飼い主にお尻をくっつける行為は何を表している?

愛犬と良い関係を築けていますか。たまに、主従関係が逆転しているような飼い主と犬がいます。犬の仕草などから、飼い主に対して思っていることが分かる場合もあるので、いくつか紹介していきます。

愛犬がお尻をくっつけてくる場合

犬は信頼をおいている相手にお尻をくっつける動作をします。犬に限らず、野生動物の多くに見られる行動です。野生の世界では、いつ敵などに襲われるかわかりません。休む時にも、警戒を怠ることはできないのです。そこで、信頼のおける仲間と背中やおしりを合わせて、よりそって座ることで、死角となる背後をお互いに見張ることができます。だから、くつろぎたいときや、休む時に、犬は信頼のおける飼い主に、おしりをくっつけてくるのです。

犬は後ろ足をケガすると、走れなくなるなどの致命傷になるので、警戒している相手に対して、後ろをとられることを嫌がります。愛犬が頑なに顔を向けてくる場合には、警戒しているのかもしれません。

信頼を示す動作として、お腹を見せることもあります。お腹を見せる動作は、完全服従を示しているので、大好きな気持ちや、ものすごく信頼をしている気持を表現しています。
参考リンク:ドッグフードランキング

勘違いされやすい仕草

犬がしっぽを振ると、「喜んでいる」と認識する人が多いですが、違います。犬がしっぽを振るのは、興奮しているときです。初めて見る人が寄ってきたときや、警戒しているときにもしっぽを振ります。必ずしも喜んでいるわけではないということを理解してあげましょう。

手などにじゃれて噛みついてきたあとに、ぺろぺろと舐めてくる場合もあります。「ごめんねと、反省しているのかな」と思う人が大半かもしれませんが、大きな間違いです。犬が、噛んだあとを舐めるのは、「もう逆らうな」「痛い目みるそ」という強いアピールです。主従関係が逆転している場合によくみられるので、改めて関係を築けるように努力をしましょう。

大好きな愛犬に不意に目を反らされて、「きらわれた?」なんて思うことはありませんか。犬など集団生活を送る動物は、自分よりも立場が上だと感じているものに対して目を合わせる習慣がないので、心配いりません。逆に、睨むようにじっと見つめてくる場合には、警戒していたり、見下したりしているんですよ。

行動から気持ちを読み取る

犬は言葉が話せません。コミュニケーションをとったり考えを理解したりするには、ボディランゲージが大切です。

愛犬が飼い主の上で寝る理由とは?

愛犬が自分の膝の上に乗ってきたりすると、喜ぶ飼い主は多くいます。自分のことを信頼して甘えてくれている、と誤解してしまうのでしょう。しかし実際には、あなたは犬よりも下の存在と認識されている可能性があります。

原則として犬は飼い主の上に乗せてはいけない

愛犬が、飼い主の上に座ってきたりすると、思わず喜んでしまう人が多いようです。自分に甘えてくれている、きっと自分のことが大好きなのだろう、と考えてしまうためです。

ところが、飼い主の上に乗る犬の本音は、「お前はオレよりも下なんだぞ」というものです。つまり、愛犬からあなたは馬鹿にされているといっても過言ではありません。そんな写真をブログなどに掲載することは、あなたが愛犬に対してまったくしつけができていないことを公表するようなものであり、最悪です。

飼い主に服従している犬はその上に乗ることはない

あなたは、社長の椅子に平社員でありながら、平気で座ることができるでしょうか?よっぽど社長を馬鹿にしているのでなければ、そんなことはできないのではないでしょうか?

犬の群れ社会の場合も、同様のことが当てはまります。順位が下の犬がリーダーの寝床などに寝ようものなら、酷い場合は殺されてしまいます。ですから、きちんとリーダーに服従している犬は、決してそんな行動を取りません。

座っている脚の上に犬を乗せるのもやめよう

たとえば、あなたの膝の上に愛犬が足を乗せてくる場合でも、「おまえよりもオレの方が偉いぞ」というメッセージを発しています。その場合は、膝に抱きかかえたりしない方がいいですね。

可愛い顔をして甘えている、と人間の方は思いがちですが、その行為を許すことよって犬からは確実にランクを下げられてしまいます。そんな時には、愛犬の足を膝に乗せないようにする努力が必要です。

こうした行為は、群れ社会を作らない猫の場合には当てはまりません。猫が飼い主の膝に乗ってくる場合は、単に甘えているだけであることが多いので、可愛がってあげても困ることはないでしょう。